【人型魔物】 インキュバス

インキュバス

攻略のポイント

  • インキュバスの冷属性攻撃は、プレイヤーを100%凍結させる。耐性を上げてもダメ。刻印による凍結短縮は効果あり。
  • 体をクの字に曲げた後は、なんらかの攻撃を繰り出す。
    熱、冷、毒、雷、石どの攻撃もプレイヤーをピンポイントに狙ってくるので、動きを止めないように注意。
  • 正面中遠距離は、氷獄樹の根の追尾の餌食になってしまうので注意。
  • 近距離、中距離、遠距離に対しての攻撃は多いが、至近距離に対しての攻撃はほとんどない。
    なので、武器や剛腕系の近接供物を準備して、背面へ回りこむように立ちまわるとかなり戦いやすい。
  • 投擲系供物で戦う場合は、立ち位置が重要。
    インキュバスの近距離斜め前方から攻撃していけば、1回回避すればほとんどの攻撃を回避できるので、この位置をキープしつつ立ち回ろう。
  • 羊皮紙にかかれた絵は、

弱点属性

- - - - -

特殊な攻撃方法

冷属性の凍結が厄介だが、熱・雷・石・毒属性攻撃も使う。

呪部

両眼、口

おすすめ供物

氷神のお守り

体力減少時の特徴

体力が減るとよく絵を描くようになる。

呪部解体報酬

部位       条件&備考
両眼、口 猥絵師の絵具(小) 猥絵師の絵具(中) 猥絵師の絵具(大)

 

インキュバスの攻撃方法

近距離液体撒き散らし

[予備動作]

動きを止めて、両腕を胸前に持ってくる予備動作の後、
至近距離~近距離の扇状に、液体をばらまく。

[対処方法]

ダメージは小さく、インキュバスの真正面が死角。
近接攻撃時に当たりやすい攻撃だが、常に背面に回りこむように立ちまわっていれば大丈夫だろう。

氷獄樹の根、 3方向と正面近距離へ氷塊

[予備動作]

動きを止めて、両腕を胸前に持ってくる予備動作の後、
前方へ氷獄樹の根のように伸びる氷属性の攻撃を繰り出すか、
中距離3方向と正面近距離へ氷塊を飛ばす攻撃。

[対処方法]

氷獄樹の根は追尾性能が高いので、投擲系供物使用時に中距離正面付近にいると当たりやすい。
なので、投擲系供物使用時でも、近距離でインキュバスの斜め前方をキープするように立ち回れば、少し避けるだけで全ての攻撃を回避できる。

氷滑り

[予備動作]

さらに、 自分の氷獄樹の根のような攻撃で作った凍った地面へダイブ。
氷の上を滑って進み、体当たりする。

[対処方法]

最初の地面へダイブする時に当たるとダメージが大きい。
氷の上を滑ってくるところを盾でガードすれば、回転攻撃と同様に攻撃のチャンスを作ることができる。

神木の根、火炎球

[予備動作]

動きを止めて、両腕を胸前に持ってくる予備動作の後、
足元から根が飛び出してくる攻撃か、
火炎球を飛ばしてくる攻撃。

[対処方法]

どの攻撃もプレイヤーをピンポイントに狙ってくるので、動きを止めていると喰らいやすい。
神木の根のような攻撃は、中距離にいる時に使ってきやすい。
火炎球を飛ばす攻撃は射程距離が非常に長く、遠距離にいる時に使ってきやすい。

回転攻撃

[予備動作]

一瞬動きを止めて軽く飛び上がる予備動作の後、回転しながら進む攻撃。

[対処方法]

追尾性能が低いようなので、盾がなくても回避しやすいが、盾でガードすれば攻撃のチャンスを作れる。

全属性撒き散らし

[予備動作]

正面近~中~遠距離の範囲に、氷・炎・雷・毒の塊を撒き散らす攻撃。

[対処方法]

攻撃判定は所々に発生するのみなので、見た目ほど危険度はない攻撃。
遠距離や背面からは攻撃のチャンス。

魔物の絵を描く

[予備動作]

筆がに黒いオーラが集まる予備動作の後、羊皮紙を出して魔物を描くと、描かれた魔物が具現化されて襲ってくる。
※ 体力が黄色以下になると使う。

[対処方法]

描いている間は攻撃のチャンスとなる。

女性の絵を描く

[予備動作]

筆がに黒いオーラが集まる予備動作の後、羊皮紙を出して女性を描くと、一定時間後に爆発し、近距離にいるとダメージを受ける。
※ 体力が黄色以下になると使う。

[対処方法]

描いている間は攻撃のチャンスとなる。

参考プレイ動画